Tier10

Tier10チーム戦、拠点(進撃戦)におけるお勧め車輌と使用上のポイントなどを書いていきます。
基本的に重視される車輌選択のポイントとしては以下の2点。

  1. 速度:このTierは目が良くなる分、硬くて重く遅い車輌が多目。その中でイニシアチブをが取るにはある程度の脚が求められる。遅すぎる車輌は前線にたどり着けない等の問題も。
  2. DPM:いくら貫通が高くても一発では倒せないので、継続的なダメージ量が大事なのは同様。

obj268 V4

  • 走攻守の全てにおいてトップレベルの重駆逐。
  • 敵のラッシュが来るラインを予測して地形に合わせて1両置いておくだけで、ラッシュの足を止められるくらいの抑止力になる。

進撃戦にて…
  • 現在マップによってはV4が多い方が勝てるくらいのOP車両。
  • ラッシュの先頭に持って行き最高速55km/hで敵の弾を弾きながら単発650を叩き込む最強の楯であり矛である。
  • 1.0.2でナーフが来るが、恐らく主軸に変わりはないだろう。

IS-7

  • 定番の一台。
  • 装甲の硬さが目立つが、実際には足回りの良さが評価されている(はず)。
  • その一方で砲性能、特に精度面に問題を抱えている。

進撃戦にて…
  • 足と装甲が魅力の1両。
  • 装填速度と精度、貫通力が低いので攻撃よりも守りにワンポイント的な車両。

WZ-111 5A

  • 最高速50km/hで単発490を届けられる最強の矛。
  • 精度は中華ならではだが、俯角7度と頭の固さ、良好な発射高いDPMが強い。

進撃戦にて…
  • 現在攻撃の中心HTであり、TB同様に最強の矛である。
  • 俯角7度と340貫通のHEATはobj268 v4相手には有効と考えている。
  • 振り直しも出来る足もあるので、素早い前線の敷き直しができる。

113

  • 5Aと同じ最高速50km/hだが、加速と小回りが別モノである。
  • お椀砲塔で例に漏れずにカチカチだが、車体は決して固い訳でなく砲塔の位置の関係として普通に撃ちに出ると抜かれる。
  • Tier10で2番目に高いDPMを持つ。

進撃戦にて…
  • MTの裏取りやラッシュに混ぜて、弾を受けさせて高レートを活かす。
  • ポジシヨンによっては頭だけ出してホールド兼、スポッターとして使う場面もある。

Super Conqueror

  • 鬼DPMと空間装甲マシマシの石頭の持ち主。
  • 置き換え前の215bより砲の性能は落ちているが、他の車両と比べたら最高クラスである。
  • ハルダウンできる7ポジションには1枚は必ず入れたい車両。

進撃戦にて…
  • 足は5Aや113に置いて行かれるので、基本は守備的な車両。
  • しかし、一方的に前線へDPMを吐き続けられるポジションに入れると恐ろしい。

Bat.-Chatillon25t

  • フランス車両の例に漏れず装甲は紙だが、足と瞬間火力が魅力。
  • 俯角のなさ、長いロード時間など運用には慣れが必要。

進撃戦にて…
  • 専門職的な立ち位置の1両で技術と判断力、経験が必要な車両で難しい。
  • LT、MT、TDの多くの仕事をこなす必要があるが、こいつ1両で試合をひっくり返す事が出来る強力な車両。

obj 907

  • TBではレギュレーションで出せない場合があるが、足、DPM、固さは最強クラスである。

進撃戦にて…
  • 現在のMT(機動部隊)の主軸である。
  • 下手なHTより固いので、車両を揃えて足を活かしてラッシュは恐ろしい。
  • DPMはソ連兄弟の例に漏れず(obj 430Uは除く)良好かつ、弾速もゲーム内最速なので狙撃、格闘戦と幅広く対応可能である。
  • 弾薬庫は脆いので、飛ばされないように気を付けよう。

Object 140

  • 通常ツリーのソ連Tier10MT三兄弟の中で今(2018/6/5)の主流。
  • なぜT-62Aが選ばれないかというとこっちのが最高速度が+5km/h速いのと俯角が+1度多く取れる。
  • 砲性能や装甲はT-62Aの方が若干優れているが、最高速に比べたら些細な問題。

進撃戦にて…
  • 907の代用的な立ち位置だが、十分に強い。
  • 機動戦力の中心になるので、マストで持っていてもらいたい1両である。

  • 最終更新:2018-06-05 21:21:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード